建築遺産ギャラリー西洋建築史>スフィンクス
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!

西洋建築史
年代・様式 代表的建築物
B.C.
エジプト
ギザのピラミッド
スフィンクス  
アブシンベル大神殿
B.C.5~6
古代ギリシャ
パルテノン神殿
エビダウロスの神殿
エレクテイオン
B.C.2~A.D.2
ローマ
パンテオン
コロシアム
カラカラ浴場
A.D.3~11
初期キリスト教
ビザンチン
サラセン
サンタ・マリア・マジョーレ
ハギア・ソフィア大聖堂
サン・マルコ寺院
アルハンブラ
A.D.11~12
ロマネスク
ピサ大聖堂
ウォルムス大聖堂
シュパイアー大聖堂
A.D.12~15
ゴシック
ノートルダム大聖堂
シャルトル大聖堂
ケルン大聖堂
ウエストミンスター寺院
ミラノ大聖堂
サン=ドニ大聖堂
A.D.15~17
ルネサンス
フィレンツェ大聖堂
パラッツォ・メディチ
サン・ピエトロ大聖堂
カンピドリオ広場
ルーブル宮
A.D.16~18
バロック・ロココ
セント・ポール寺院
ヴェルサイユ宮殿
A.D.19
古典主義
パリ凱旋門
イギリス国会議事堂







こどもの頃から憧れていたスフィンクスは、三大ピラミッドのそばにあります


西洋建築史
スフィンクス
時代区分 エジプト
所在地 エジプト南部


 


ギザの大スフィンクス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ギザの大スフィンクス (Great Sphynx of Giza) は、巨大なスフィンクスの石像である。古代エジプトの古王国時代に作られ、カイロ郊外、ギザのギザ台地の、三大ピラミッドのそばにある。

現代アラビア語では أبو الهول Abu al-Haul で、「畏怖の父」の意味。発音は標準アラビア語でアブ・ル・ハウル Abul-Haul、エジプト方言ではアブル・ホールAbul-Hool)となる。

彫像として
全長73.5m、全高20m、全幅6m。一枚岩からの彫り出しとしては世界最大の像である。 ちなみに、頭の部分だけ、別の場所から運ばれてきた硬質石灰岩で造られており、完全な一枚岩ではない。

石灰岩の丘を彫り下げたもので、四角い窪地の中に位置している 。









Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.