建築遺産ギャラリー東洋建築史> ボロブドゥール寺院



インドネシアで暮らしてみたい、ロングステイ、旅してみたいと思う人に世界遺産のボロブドゥール寺院遺跡群をご紹介いたします。



ボロブドゥール寺院

世界遺産 ボロブドゥール寺院遺跡群
建築年代 8~9世紀
所在地 インドネシア ジャワ島



 


Googleマップ



ボロブドゥール寺院遺跡群

[所在地]
インドネシアのジャワ島中部、ケドゥ盆地に建つ世界最大級の仏教遺跡。「ボロブドゥール寺院遺跡群」の一部として世界遺産に登録されています。

[ご紹介]
8世紀に栄えたシャイレーンドラ王朝が、780年頃から約50年かけて造り上げた、総面積1.5万m2に及ぶ壮大な石造りの建造物で、アンコールワットや、バガンとともに「世界三大仏教遺跡」と呼ばれています。

ボロブドゥールは自然の丘に切石を積み上げて造られ、9層からなる階段状ピラミッド構造は、仏教的宇宙感を立体の曼荼羅によって表したもので、下から欲界、色界、無色界という「仏教の三界」を表現しています。

回廊の壁には仏教説話がレリ-フで描かれていて、これらを見ながら上界に上っていくと、悟りの道が開けるとされ、優美で見事な浮き彫りのレリーフは計1460面にも及んでいます。

最上部にそびえる大ストゥーパ(仏塔)の周囲には、72基の釣鐘状の小ストゥーパが並び、中には仏像が収められていますが、一つだけ檀上にむきだしの釈迦如来像があり、静かに下界を見下ろしているかのようです。

ボロブドゥールは約1000年ものあいだ、密林に埋もれていましたが、1814年にイギリス人のトーマス・ラッフルズによって発見され、長い年月をかけて修復されその姿を現しました。

密林に覆われたケドゥ盆地に建つ遺跡は、遠くムラビ山を望み、特に朝焼けの景観は神々しいまでの美しさで、ボロブドゥールの見どころの一つになっています。

□建築遺産ギャラリーNo.019 ボロブドゥール寺院

約千年もの間ジャングルの中に埋もれてたボロブドゥール寺院遺跡群 H.I.S

ジョグジャカルタ旅行を検索する【Expedia Japan】









建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


東洋建築史

カンボジア
 バンテアイ・スレイ
 アンコール・ワット
 アンコール・トム

タイ王国
 ワット・ドーイステープ
 ワット・アルン
 ワット・プラシーサンペット

ベトナム
 ハノイのタンロン皇城の中心区域
 ホイアンの古い町並み
 フエの建造物群

マレーシア
 オランダ広場
 セント・ポール教会
 クー・コンシー

インドネシア
 ボロブドゥール寺院
 プランバナン寺院
 タマン・アユン寺院

台湾
 龍山寺
 台北城
 総統府

大韓民国
 崇礼門
 宗廟
 景福宮

ミャンマー
 ボーボージー仏塔
 バガン
 シュエダゴン・パゴダ

フィリピン
 ヒガン歴史都市
 サン・アグスチン
 サン・ペドロ要塞

ラオス
 ワット・シェントーン
 タート・ルアン
 ワット・プー
 パトゥーサイ





Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.