建築遺産ギャラリー東洋建築史 

タイ王国で暮らしてみたい、ロングステイ、旅してみたいと思う人にタイ王国のワット・ドーイステープをご紹介いたします。


東洋建築史
建築物 ワット・ドーイステープ
時代区分 1383年
所在地 タイ王国 チェンマイ






ワット・ドーイステープ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ワット・プラタートドーイステープ=ラーチャウォーラウィハーンはタイ北部チエンマイ県にある仏教寺院。1383年にラーンナータイ王朝の6代目クーナー王によって建立された。通称ワット・ドーイステープ

ドーイ・ステープ=プイ国立公園の内側で、チエンマイ市を見下ろすステープ山(ドーイ・ステープ)の山頂に位置し、市街地から寺院の門までは舗装道路が整備され、自動車で行くことができる。門から山頂までは、2匹のナーガ(竜王)が彫られた306段の石段がある(設置時の数で、現在の段数とは異なる)。寺院には金色に輝くチェーディー(仏塔)があり、仏舎利が収められている。

寺院までの道路は1935年に、高僧シーウィチャイによってわずか4ヶ月22日間で建設された。その功績を称え麓には記念碑がある。また寺院内には黄金の像が奉られている。山門から寺まではケーブルカーがあり、石段を登らずに寺院に入ることもできる。毎年五、六月頃に麓から寺院まで水を担いで登る年中行事があり、ソンナームプラタートと呼ばれる。毎年多くの人々が参列する。



建築旅グッズ


東洋建築史
カンボジア
 バンテアイ・スレイ
 アンコール・ワット
 アンコール・トム
タイ王国
 ワット・ドーイステープ
 ワット・アルン
 ワット・プラシーサンペット
ベトナム
 ハノイのタンロン皇城の中心区域
 ホイアンの古い町並み
 フエの建造物群
マレーシア
 オランダ広場
 セント・ポール教会
 クー・コンシー
インドネシア
 ボロブドゥール寺院
 プランバナン寺院
 タマン・アユン寺院
台湾
 龍山寺
 台北城
 総統府
大韓民国
 崇礼門
 宗廟
 景福宮
ミャンマー
 ボーボージー仏塔
 バガン
 シュエダゴン・パゴダ
フィリピン
 ヒガン歴史都市
 サン・アグスチン
 サン・ペドロ要塞
ラオス
 ワット・シェントーン
 タート・ルアン
 ワット・プー
 パトゥーサイ






Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.