建築遺産ギャラリー東洋建築史 

カンボジアで暮らしてみたい、ロングステイ、旅してみたいと思う人にカンボジアの世界遺産アンコール・トムをご紹介いたします。

東洋建築史
建築物 アンコール・トム
時代区分 12世紀後半
所在地 カンボジア






アンコール・トム (Angkor Thom)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


アンコール・トム (Angkor Thom) は、アンコール遺跡の1つでアンコール・ワット寺院の北に位置する城砦都市遺跡。12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世により建設されたといわれている。周囲の遺跡とともに世界遺産に登録されている。

アンコールは、サンスクリット語のナガラ(都市)からでた言葉。またトムは、クメール語で「大きい」という意味。

アンコール・トムは一辺3kmの堀と、ラテライトで作られた8mの高さの城壁で囲まれている。外部とは南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門の5つの城門でつながっている。各城門は塔になっていて、東西南北の四面に観世音菩薩の彫刻が施されている。また門から堀を結ぶ橋の欄干には乳海攪拌を模したナーガになっている。またこのナーガを引っ張るアスラ(阿修羅)と神々の像がある。

アンコール・トムの中央に、バイヨン (Bayon) がある。その周囲にも象のテラスやライ王のテラス、プレア・ピトゥなどの遺跡も残っている。


アンコール遺跡(世界遺産)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


アンコール遺跡(アンコールいせき、Angkor)は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側にあったクメール王朝時代の遺跡群である。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。



建築旅グッズ
世界遺産の旅


東洋建築史
カンボジア
 バンテアイ・スレイ
 アンコール・ワット
 アンコール・トム
タイ王国
 ワット・ドーイステープ
 ワット・アルン
 ワット・プラシーサンペット
ベトナム
 ハノイのタンロン皇城の中心区域
 ホイアンの古い町並み
 フエの建造物群
マレーシア
 オランダ広場
 セント・ポール教会
 クー・コンシー
インドネシア
 ボロブドゥール寺院
 プランバナン寺院
 タマン・アユン寺院
台湾
 龍山寺
 台北城
 総統府
大韓民国
 崇礼門
 宗廟
 景福宮
ミャンマー
 ボーボージー仏塔
 バガン
 シュエダゴン・パゴダ
フィリピン
 ヒガン歴史都市
 サン・アグスチン
 サン・ペドロ要塞
ラオス
 ワット・シェントーン
 タート・ルアン
 ワット・プー
 パトゥーサイ






Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.