建築遺産ギャラリー東洋建築史 

カンボジアで暮らしてみたい、ロングステイ、旅してみたいと思う人にカンボジアの世界遺産アンコール・ワットをご紹介いたします。

東洋建築史
建築物 アンコール・ワット
建築年代 12世紀前半
所在地 カンボジア






アンコール・ワット(Angkor Wat)

[所在地]
カンボジアの北西部にあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建造物。「アンコールの遺跡群」として世界遺産に登録されています。

[ご紹介]
古代アンコール朝の第18代王スールヤヴァルマン2世が1113年に着工、約30年かけて建造され、アンコール遺跡の中で最大規模を誇ります。
 
アンコール・ワットは濠に囲まれた、左右対称の美しい姿の寺院で、3重の回廊からなるピラミッド状の構造をしており、第3回廊の中央には高さ65mの中央祠堂(中央伽藍)がそびえ立っています。

中央祠堂は宇宙の中心・神の住む場所とされ、急勾配の階段を登ると、遺跡全体と雄大な景色を見ることが出来、多くの観光客が訪れるスポットです。
 
また遺跡に施された壁画やレリーフも素晴らしく、柱や壁面、屋根の文様など基本パターンが繰り返され、建物全体に統一感があり、計算された高い美意識が感じられます。 

ヒンドゥー教の宇宙観を地上に具現化したアンコール・ワットは、単に寺院というより町の様相であり「寺院によって造られた王都」という意味をもつ「アンコール・ワット」の名のように、自らを神と崇めた歴代王の、権力の証しでもあります。

1860年にアンリ・ムオにより再発見され、その後、内戦で廃墟となりましたが、各国の支援や保護活動によって修復が行われ、アンコール朝の高い芸術性と美意識を今に伝えています。


東南アジア最大の世界文化遺産アンコールワット H.I.S.

シェムリアップ旅行を検索する【Expedia Japan】




建築旅グッズ
世界遺産の旅


東洋建築史
カンボジア
 バンテアイ・スレイ
 アンコール・ワット
 アンコール・トム
タイ王国
 ワット・ドーイステープ
 ワット・アルン
 ワット・プラシーサンペット
ベトナム
 ハノイのタンロン皇城の中心区域
 ホイアンの古い町並み
 フエの建造物群
マレーシア
 オランダ広場
 セント・ポール教会
 クー・コンシー
インドネシア
 ボロブドゥール寺院
 プランバナン寺院
 タマン・アユン寺院
台湾
 龍山寺
 台北城
 総統府
大韓民国
 崇礼門
 宗廟
 景福宮
ミャンマー
 ボーボージー仏塔
 バガン
 シュエダゴン・パゴダ
フィリピン
 ヒガン歴史都市
 サン・アグスチン
 サン・ペドロ要塞
ラオス
 ワット・シェントーン
 タート・ルアン
 ワット・プー
 パトゥーサイ






Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.