建築遺産ギャラリー日本建築史>東大寺正倉院
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


日本建築史
飛鳥・奈良時代
  出雲大社
  伊勢神宮
  住吉大社
  法隆寺金堂
  薬師寺東塔
  法隆寺五重塔
  法起寺三重塔
  唐招提寺金堂
  法隆寺夢殿
  東大寺正倉院 
  平城京
平安時代
  室生寺五重塔
  醍醐寺五重塔
  中尊寺金色堂
  紫宸殿
  平等院鳳凰堂
  平安京
鎌倉時代
  東大寺南大門
  石山寺多宝塔
  円覚寺舎利殿
  浄土寺浄土堂
室町時代
  鶴林寺本堂
  鹿苑寺金閣
  慈照寺銀閣
桃山・江戸時代
  妙喜庵茶室
  安土城
  清水寺本堂
  犬山城
  延暦寺根本中堂
  日光東照宮
  西本願寺書院
  二条城二の丸
  桂離宮
  修学院離宮
  京都御所
  姫路城
  東大寺大仏殿(再建)


楽天トラベル

泊まってよかった!ホテル・旅館ランキング
いい湯だな 温泉宿予約
プラチナコレクション
高級ホテル・旅館予約
出張ホテル予約




日本建築史
建築物 東大寺正倉院
時代区分 奈良
所在地  奈良県


 


東大寺正倉院

東大寺正倉院は「古都奈良の文化財」の一部として、世界遺産に登録されています。奈良市の東大寺大仏殿の北西に位置します。

奈良時代に建てられた、高床の校倉造(あぜくらづくり)倉庫で聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵しています。

当時、官庁や大寺院には多数の倉庫(正倉)が設置されました。正倉が幾棟も集まっている一廓を本来、正倉院と呼びますが、現在では東大寺の正倉院をさします。

倉は大きな三角材(校木)を井桁に組み上げた造りで、檜造り、単層、寄棟本瓦葺きです。地上から2.4mという高い床で、直径約60cmの丸柱が自然石の礎石の上にどっしりと立ち並び、巨大な本屋を支えています。

宝物が現在もなお極めて良好な状態で残されているのは、高床式の構造や、檜材を用いた造り、足が付いた辛櫃(からびつ)で保存されていたことなどによります。

これらが、宝物の湿損や虫害を防ぐのに効果があり、また外光や汚染外気を遮断するなど、保存に大きな役割を果たしています。










Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.