日本建築史 


日本建築史
建築物 伊勢神宮(神明造り)
時代区分 飛鳥
所在地 三重県








神明造
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


神明造(しんめいづくり)は、日本の神社建築様式の1つである。

伊勢神宮に代表される神明造は、出雲大社に代表される大社造と並び、もっとも古い神社建築様式とされる。大社造が正方形に近い宮殿を模したものと考えられ、神明造は奥行きより幅が大きく、高床式倉庫から発展し穀物の代わりに神宝を納めるように変化したと考えられている。

神道で最高神とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る皇大神宮(内宮)の正宮のみ特別に唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)と呼ぶ。

構造
神明造の構造は、掘建柱・切妻造・平入である。円柱の柱や鰹木を除き、ほぼ全てが平面的に加工され直線的な外観となる。この点で、優美な曲線が与えられる大社造と大きく異なる。

屋根
狭義では萱葺(かやぶき)に限るが、一般には板葺や銅葺を含める。伊勢神宮の摂社・末社・所管社のほぼすべては板葺であり、熱田神宮は銅葺である。日本に仏教が伝来し、普及したころ神道では寺院建築を瓦屋根と呼んだことから、神社建築においては瓦屋根は邪道である。
屋根に耐久性の低い萱や板を使うため、屋根の勾配をきつくし、雨や雪が流れ落ちやすくし、切妻であるため軒出も大きく作る必要がある。屋根の頂上部は板で覆い、鰹木(かつおぎ)で補強される。
屋根を支える側面の破風(はふ)は継手でとどまらず、先端が飛び出し千木(ちぎ)となる。
千木と鰹木には、金銅製などの装飾金具が取り付けられ、耐候性を高められることがある。


神明造は基本的に左右対称で、左右方向には偶数本の柱が配される。柱と地面の間には礎石も土台も与えらず、掘立柱となる。
側面中央の、壁面より外側に飛び出し棟へ達する柱を棟持柱(むなもちばしら)と呼ぶ。棟持柱は通常太く、強度のある用材が用いられるが、構造上では強度にはあまり寄与しない。
社殿の中央には心の御柱(しんのみはしら)が配されるが、これも強度には寄与しない。


神明造の壁は、十分な強度を持つ板材が用いられる。正面中央の1か所のみに観音開きの御扉(おとびら)による開口部が設けられる。御扉は通常1枚板が用いられるため、大規模な社殿では相当の古木が必要とされる。皇大神宮正殿の場合は樹齢400年以上のヒノキが必要になるという。


神明造では通風性を重視した床が高い構造で、高床式倉庫の名残であると考えられている。このため相当長い階段が必要になる。

建築旅グッズ


日本建築史
飛鳥・奈良時代
  出雲大社
  伊勢神宮
  住吉大社
  法隆寺金堂
  薬師寺東塔
  法隆寺五重塔
  法起寺三重塔
  唐招提寺金堂
  法隆寺夢殿
  東大寺正倉院
  平城京
平安時代
  室生寺五重塔
  醍醐寺五重塔
  中尊寺金色堂
  紫宸殿
  平等院鳳凰堂
  平安京
鎌倉時代
  東大寺南大門
  石山寺多宝塔
  円覚寺舎利殿
  浄土寺浄土堂
室町時代
  鶴林寺本堂
  鹿苑寺金閣
  慈照寺銀閣
桃山・江戸時代
  妙喜庵茶室
  安土城
  清水寺本堂
  犬山城
  延暦寺根本中堂
  日光東照宮
  西本願寺書院
  二条城二の丸
  桂離宮
  修学院離宮
  京都御所
  姫路城
  東大寺大仏殿(再建)








Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.