建築遺産ギャラリー

建築遺産ギャラリー2018Backnumber

◆◇◆建築遺産ギャラリー◆◇◆────────────────────

□ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届けいたします。購読は無料です。
□建築遺産ギャラリーNo.177 5月21日号をお届けいたします。

◆◇◆目次──────────────────────────────

1.ワット・アルンラーチャワラーラーム
2.東洋建築史
3.配信案内

◆◇◆ワット・アルンラーチャワラーラーム───────────────

☆歴史的な建築物を学習してみよう!
 
 今回は東洋建築史《ワット・アルンラーチャワラーラーム》のご紹介です。
 http://www.kenchiku-gallery.com/orient/005.htm

 [所在地] 
 タイ王国の首都、バンコクにある寺院。
 チャオプラヤ川沿いにたたずみ、別名「暁の寺」とよばれます。
 ──────────────────────────────────

 ワット・アルンラーチャワラーラームは、19世紀、ラーマ3世の時代に完成
 し、ワットはタイ語で“寺”アルンは“暁”で、ワット・アルン(暁の寺)と
 よばれ、その名の通り、朝焼けや夕焼けの姿がとても美しい寺院です。

 高くそびえる5基の仏塔と4基の小塔から構成され、中央の大仏塔は75mもあ
 り、トウモロコシのような独特の形をした、ヒンドゥー教色が強い寺院です。

 この寺院の最大の特徴は、塔全体にびっしりと施された装飾で、無数の陶器
 のかけらやガラス細工などが埋め込まれて出来ており、太陽の光に反射して
 キラキラ輝いて見えます。

 なかでも装飾のあいだにあるたくさんの「半獣半人像」は、一体ずつ衣装や
 表情が異なり、片膝をついて仏塔を支える姿はユニークで、非常に精巧な
 つくりになっています。

 このワット・アルンの中心となる大仏塔は、上の方まで登ることができ、
 急な階段を登ると、チャオプラヤ川とバンコクの町を一望できる、観光名所
 にもなっています。

 三島由紀夫の小説「暁の寺」の題材になり、ワットポー、エメラルド寺院と
 並ぶ、バンコクの三大寺院の一つであり、チャオプラヤ川沿いに建つ姿は、
 バンコクを象徴するような美しい建造物です。

◆◇◆東洋建築史───────────────────────────

☆東洋建築史 特徴と代表的建築物を覚えよう!
 http://www.kenchiku-gallery.com/orient/

 東南アジアの国々、カンボジア、タイ王国、ベトナム、マレーシア、
 インドネシア、台湾、韓国などの世界遺産を中心に掲載しています。

◆◇◆配信案内────────────────────────────

□メールマガジン『建築遺産ギャラリー』 since 26.05.2014 
□登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001633940.html
□発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
□建築遺産ギャラリー: http://www.kenchiku-gallery.com/ 
□次回配信は 5/28

◆◇◆────────────────────────────────


建築旅グッズ
旅行関連の商品を探そう!






メルマガ購読・解除
 



御朱印集め|神社めぐり



Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.