建築遺産ギャラリー

建築遺産ギャラリー2017Backnumber


◆◇◆建築遺産ギャラリー◆◇◆────────────────────

□ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届けいたします。購読は無料です。
□建築遺産ギャラリーNo.154 11月20日号をお届けいたします。

◆◇◆目次──────────────────────────────

1.エッフェル塔
2.近代建築史
3.楽天トラベル
4.配信案内

◆◇◆エッフェル塔──────────────────────────

☆歴史的な建築物を学習してみよう!

 今回は近代建築史《エッフェル塔》のご紹介です。
 http://www.kenchiku-gallery.com/kindai/017.htm

 [所在地] 
 フランスの首都パリのランドマークとなっている鉄骨建造物です。
 エッフェル塔を含むセーヌ川周辺は、世界遺産に登録されています。 
 ──────────────────────────────────
  
 エッフェル塔は、フランス革命100周年を記念し、1889年にパリで行われた
 万国博覧会のメインモニュメントとして、『ギュスターヴ・エッフェル』
 らの設計により、工期2年2か月という驚異的な速さで建設されました。

 建設のためのコンペティションで選ばれた作品は3案あり、最終的にエッフェ
 ル社の設計が「金属産業の独創的傑作」という目的にかなうとされ、名前も
 エッフェル塔になりました。

 建設当時の高さは312m、鉄骨のみを組立てたトラス構造で、曲線的な尖塔
 デザインは強風にも耐えられるよう、風圧荷重と塔の重量を地面へ逃がす
 ように計算されています。

 この合理的なデザインは 技術者であった彼の構造計算によるもので、産業
 革命の象徴でもある鉄を使った、奇抜な外見は賛否両論ありましたが、今で
 はその美しいフォルムは「鉄の貴婦人」と呼ばれ親しまれるようになりまし
 た。

 街のあらゆる角度から見えるエッフェル塔は、文化と工学が融合したパリの
 街のシンボルであり、世界中から多くの人が訪れる建造物となっています。

◆◇◆近代建築史───────────────────────────

☆近代建築史 設計者と代表的建築物を覚えよう!
 http://www.kenchiku-gallery.com/kindai/

 近代建築史の建築物を紹介しています。近代の時期に建てられた建築物。
 日本では西洋の建築様式や技術が伝わった幕末期以降の建築物で洋風の意匠
 を取り入れたものを指します。

◆◇◆楽天トラベル──────────────────────────

☆楽天トラベル 航空券&高級ホテル・旅館
 http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/118aa7b5.6947bd0c.118aa7a4.b83389e8/

◆◇◆配信案内────────────────────────────

□メールマガジン『建築遺産ギャラリー』 since 26.05.2014 
□登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001633940.html
□発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
□建築遺産ギャラリー: http://www.kenchiku-gallery.com/ 
□次回配信は 11/27

◆◇◆────────────────────────────────


建築旅グッズ
旅行関連の商品を探そう!






メルマガ購読・解除
 



御朱印集め|神社めぐり




Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.