近代建築史 


近代建築史
建築物名 グッゲンハイム美術館

設計者 フランク・ロイド・ライト

所在地 ニューヨーク
竣 工/1959年







ソロモン・R・グッゲンハイム美術館

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

グッゲンハイム美術館 (Solomon R. Guggenheim Museum) は、アメリカ合衆国ニューヨーク市にある、近現代美術専門の美術館である。

5番街に面して建つ、特徴のある外観をもった現在の展示館は、1943年にフランク・ロイド・ライトに建築設計が委嘱された。ライトは翌年には美術館の建築設計案を作成したが、建設に取り掛かるまでには紆余曲折があり、創立者のグッゲンハイムは没年である1949年、ライトの設計案をようやく承認した。それから建物の竣工までにはさらに10年間の歳月を要し、ライトの没年である1959年にようやくグッゲンハイム美術館は完成した。ここまで時間がかかったのは、ひとつには、この前例のない建築物に対し、ニューヨーク市当局が建築基準法に触れる為に許可を出すのを渋った事情からともいわれる。

「かたつむりの殻のような」と形容される螺旋状の構造をもったこの建築物は、中央部が巨大な吹き抜けになっている。見学者は、まずエレベーターで建物の最上部に上がり、螺旋状の通路の壁面に掛けられた作品を見ながら順路を進むうちに自然に階下へ降りるようになっている。美術館施設の概念を根本から覆した作品として、ライトの代表作に数えられている。反面、建築自体の自己主張が大きすぎ、床が傾斜しているため鑑賞者が落ち着かず、美術品の鑑賞をさまたげるという批判もある。

建築旅グッズ


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 
落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸

 ウィリッツ邸

 ユニティ教会

 
タリアセン
 グッゲンハイム美術館

 ジョンソンワックス社

ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニオ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
ワルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アアルト
 マイレア邸
ギュスターブ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)






Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.