建築遺産ギャラリー近代建築史>ロンシャン教会
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸
 ウィリッツ邸
 ユニティ教会
 タリアセン
 グッゲンハイム美術館
 ジョンソンワックス社
ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
ヴァルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アールト
 マイレア邸
ギュスターヴ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)


楽天トラベル たびノート





近代建築史
建築物名 ロンシャン教会

設計者 ル・コルビジェ

所在地 フランス
竣 工/1955年



 


フランスの東部、フランシュ・コンテ地方のロンシャンにある教会。正式名称はノートルダム・デュ・オー礼拝堂です。

20世紀を代表するスイス人建築家『ル・コルビュジエ』が設計し、1955年に建てられました。ル・コルビュジエの後期の代表作です。

ル・コルビュジエは、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれています。

外観は、シェル構造の特徴的な屋根、鉄筋コンクリート造にスタッコで仕上げられた白くて分厚い壁で、正面ファサードは蟹の甲羅を形どったとされる独特な表情をしています。曲線を使った造形は、見る角度で趣を変え自由で抽象的です。

内部空間は、南面の壁に無数の窓があり、さまざまな原色ステンドグラスがはめ込まれていて、そこから差し込む外光の拡散(チンダル現象)により、礼拝堂が神秘的な光の間となるよう造られています。

静かな片田舎の丘に建つ教会は、「祈りのための静寂な場所」として、ル・コルビュジエが設計し、その方舟(はこぶね)にも似た自由な造形から、伝説的な側面も持ち合わせ、建物までもが崇拝の対象と変化していきました。 

彼が追求した従来の、機能性・合理性を重視したモダニズムの表現とは異なり、新しい芸術家的な一面を表現したポストモダンな作品と言えます。










Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.