近代建築史 


近代建築史
建築物名 サヴォア邸
設計者 ル・コルビジェ
所在地 フランス ポワッシー
1931年






サヴォア邸
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

サヴォア邸( - てい、Villa Savoye)は、ル・コルビュジエが設計したフランスにある近代建築様式の住宅。

サヴォア邸では、ピロティ、屋上庭園、自由な平面、独立骨組みによる水平連続窓、自由な立面からなる近代建築の五原則のすべてが、高い完成度で実現されている。平面の中央には緩やかなスロープが設けられ、1階と2階を連続的に繋いでシークエンスを形成している。もとは別荘としての一般住宅であった。 

建築旅グッズ


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 
落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸

 ウィリッツ邸

 ユニティ教会

 
タリアセン
 グッゲンハイム美術館

 ジョンソンワックス社

ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニオ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
ワルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アアルト
 マイレア邸
ギュスターブ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)






Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.