近代建築史 


近代建築史
建築物名 落水荘(カウフマン邸)

設計者 フランク・ロイド・ライト

所在地 ペンシルバニア州ミル・ラン
1936年







落水荘(カウフマン邸

アメリカ、ペンシルバニア州ミルランにある、エドガー・カウフマンの邸宅は、アメリカの代表的建築家『フランク・ロイド・ライト』によって、1936年に作られた建物です。

フランク・ロイド・ライトは、ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれています。

滝の真上に住宅を建てるという大胆な構図で、渓流に跳ね出した屋根や、落水荘の代名詞とも言えるキャンチレバー(片持ち梁)のバルコニー、自然石を積み上げた壁など、絶妙なバランスで背景の森や滝に溶け込んでいます。

内部空間は、リビングの滝側に全面窓や天窓、テラスがあり、自然光が取り込まれ、室内から直接川面に下りて行ける階段は、リビングと川を結ぶという役割と、外気やせせらぎ音を取り入れる役目も果たしています。

また、室内の壁にも自然石が使われたり、一枚岩をそのままの状態で、リビング空間に使用するなど、至るところに自然との調和が図られており、ライトの建築へのこだわりを感じさせます。

ライトの内装デザインも有名ですが、オリジナルのまま保存され、一般公開されている唯一の建築物として、また建築デザイン史に残る傑作として、今も世界中の人々を魅了している作品です。

代表作
  • ロビー邸
  • カウフマン邸(落水荘・滝の流れる家)
  • マリン郡役所
  • ペンシルベニア州エルキンズ・パークのベス・ショーロム・シナゴーグ
  • フランク・ロイド・ライト自邸兼事務所 (Frank Lloyd Wright Studio)、アメリカ合衆国イリノイ州オークパーク市
  • ユニオンチャーチ、アメリカ合衆国イリノイ州オークパーク市
  • タリアセン・ウエスト
  • グッゲンハイム美術館
  • ジョンソンワックス社
  • 山邑邸(兵庫県芦屋市、ヨドコウ迎賓館) - 国重要文化財1974年指定
  • 自由学園明日館(遠藤新との共同設計) - 国重要文化財1997年指定
  • 帝国ホテル - 取壊しとなり、玄関部分のみが愛知県犬山市の博物館明治村に再現された
  • リトル・ハウスの居間がメトロポリタン美術館に再現されている。また上記帝国ホテル玄関のオブジェの一つも展示されている。

建築旅グッズ


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 
落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸

 ウィリッツ邸

 ユニティ教会

 
タリアセン
 グッゲンハイム美術館

 ジョンソンワックス社

ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニオ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
ワルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アアルト
 マイレア邸
ギュスターブ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)








Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.