近代建築史 


近代建築史
建築物名 ファンスワース邸

設計者 ミース・ファン・デル・ローエ

所在地 アメリカ・イリノイ州プラノ
1950年






ファンスワース邸

アメリカ、イリノイ州プラノのフォックス川河畔に建てられた、エディス・ファンズワースの週末別荘です。

ドイツの代表的建築家『ミース・ファン・デル・ローエ』により、1950年に建てられたもので、モダニズムの原点といえる建物です。

ミース・ファン・デル・ローエは、ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライトと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれています。

川の増水期に冠水するのを防ぐため、高床の構造になっており、この床と一枚板の屋根との水平ラインが、美しいデザインの強調になっています。

また、骨組が真っ白な直線の鉄骨のみで、全面ガラス張りという外観は、これまでの住宅の概念を覆す斬新なデザインですが、周囲の緑にも映え、自然とうまく調和しています。

内部は、キッチン、浴室、トイレのコア部分以外には、間仕切壁をもたず、完全なワンルームのシンプルな構造で、住む人が最大限に広く、また自由に使える空間として「ユニバーサル・スペース」と名付けられました。

ミースは建物の素材や意匠等にも妥協せず、「神は細部に宿る」とする、細かいところまで配慮した美と機能へのこだわり、また「Less is more.」(より少ないことは、より豊かなこと)という、ミースの哲学の代表作で、今も多くの人々を魅了しています。


試験出題例
ミース・ファン・デル・ローエが設計したファンズワース邸(アメリカ)は、中央コア部分以外に間仕切壁をもたず、外壁が全てガラスで覆われた住宅である。解答 ○

建築旅グッズ


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 
落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸

 ウィリッツ邸

 ユニティ教会

 
タリアセン
 グッゲンハイム美術館

 ジョンソンワックス社

ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニオ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
ワルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アアルト
 マイレア邸
ギュスターブ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)






Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.