建築遺産ギャラリー現代建築>法隆寺宝物館
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


現代建築

 国立屋内競技場
 金沢21世紀美術館
 富弘美術館
 国立国会図書館
 せんだいメディアテーク
 法隆寺宝物館 
 ビッグパレットふくしま
 新国立劇場
 千葉市立打瀬小学校
 彩の国さいたま芸術劇場
 豊島美術館






日本建築学会賞 作品賞
建築物名 法隆寺宝物館

設計者 谷口吉生

所在地 東京都台東区
竣 工/1999年





法隆寺宝物館(東京国立博物館)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

東京国立博物館(とうきょうこくりつはくぶつかん)は、日本と東洋の文化財(美術品、考古遺物など)の収集保管、展示公開、調査研究、普及などを目的として独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館である。また、社団法人日本工芸会の本部がある。
1872年(明治5年)に創設された、日本最古の博物館である。東京都台東区の上野恩賜公園内にある。本館、表慶館、 東洋館、平成館、法隆寺宝物館の5つの展示館と資料館その他の施設からなる。収蔵品の総数は11万件を超え、国宝87件、重要文化財622件(2009年3月31日現在)を含む。

法隆寺宝物館
1878年(明治11年)、法隆寺から皇室に献納された「法隆寺献納宝物」300件あまりを保存展示するため、1964年(昭和39年)開館された。現在の建物は2代目で、1999年開館。設計は谷口吉生(東洋館設計者・谷口吉郎の子)。









Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.