建築遺産ギャラリー現代建築>富弘美術館
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


現代建築

 国立屋内競技場
 金沢21世紀美術館
 富弘美術館 
 国立国会図書館
 せんだいメディアテーク
 法隆寺宝物館
 ビッグパレットふくしま
 新国立劇場
 千葉市立打瀬小学校
 彩の国さいたま芸術劇場
 豊島美術館







日本建築学会賞 作品賞

建築物名 富弘美術館

設計者 ヨコミゾ マコト

所在地 群馬県みどり市

竣 工/2005年





富弘美術館
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

群馬県勢多郡東村(現:みどり市)出身の画家・詩人星野富弘の作品を展示した美術館である。

開館当初は、ふるさと創生資金を活用し、使われなくなっていた老人福祉施設を美術館として改装した。この頃すでに、全国各地で開催されていた「花の詩画展」やテレビ番組、また教科書に掲載された随筆などによって、星野富弘の名は広く知られていたことから、富弘美術館は開館当初から多くの入場者が訪れ、大手旅行代理店は日光や太平山、あしかがフラワーパークなど近隣の観光地と組み合わせたパッケージツアーを企画した。

2002年には入館者が400万人を超えるまでになったが、古い建物を改造した美術館は手狭となり、また建物の老朽化を早めることとなった。このため、東村(当時)は新しい美術館を建てることとなり、新富弘美術館建設国際設計競技を行って、最優秀賞に選ばれたヨコミゾマコトの作品をもとに、旧館の隣に新館の建設に着手、2005年4月16日に新しい富弘美術館が開館した。旧館は解体され、跡地には前庭や草木湖へつながる散策路が整備された。なお新館は、2006年第58回日本建築学会賞の作品賞を受賞した。

2005年8月、近接の商業施設(草木ドライブイン)と併せ、道の駅に登録された。姉妹館として、熊本県葦北郡芦北町に芦北町立星野富弘美術館がある。








Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.