建築遺産ギャラリー現代建築>金沢21世紀美術館
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


現代建築

 国立屋内競技場
 金沢21世紀美術館 
 富弘美術館
 国立国会図書館
 せんだいメディアテーク
 法隆寺宝物館
 ビッグパレットふくしま
 新国立劇場
 千葉市立打瀬小学校
 彩の国さいたま芸術劇場
 豊島美術館








日本建築学会賞 作品賞

建築物名 金沢21世紀美術館

設計者 SANAA 妹島和世・西沢立衛

所在地 石川県金沢市

竣 工/2004年





金沢21世紀美術館
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

建物は地上1階、地下1階建て。芝生の敷地中央にあり、円形(直径112.5m)総ガラス張りで正面といえる面がなく、逆に言えば全てが正面といえる。兼六園方面、香林坊方面、柿木畠方面等どの方向からも入場できる上に、無料入場できる範囲を広く取っており、多数の作品を無料で鑑賞することができる(有料エリアは中央の正方形状の部分であり、入口は兼六園側になっている)。

各展示室は現代美術の展示に適した白い壁面の空間(ホワイトキューブ)であり、個々の展示室はそれぞれ独立した立方体として円形の館内に配置されている。このため一応展覧会ごとに順路は決められているものの、鑑賞者はどれでも好きな展示室からランダムに見ていくことが可能であるとされている。 建築設計競技で選ばれた設計者の妹島和世と西沢立衛(SANAA)は、開館後に実際に展示を行う学芸員より、世界中の美術館の展示室をモデルに正方形や長方形、円形などさまざまなタイプの理想的な展示室の提案を受けた。それらの展示室を集落のようにおのおの独立させて配置し、天井と円形のガラスの外壁とで覆っている。

外壁同様各所にガラスが多用されているため、館内の見通しが非常に利く。中央の有料エリアからも建物外部の公園や道路を見ることが出来るため、開放的である。無料エリアの1階と地下1階には市民ギャラリーがあり、市内の芸術団体や学校の展覧会、新聞社主催の展覧会などに貸し出されている。また地下1階には劇場や来館者用駐車場、作品搬入口や収蔵庫など美術館の裏方となるスペースが広がっている。

設計者のSANAAは、この建物等によりヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展の最高賞である金獅子賞を受賞している。








Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.